源烹輪

ブログ | 吉祥寺と富士見台で本格中華料理【源烹輪|一口品】 | 中野 中華料理

03-5987-3507
源烹輪ブログ
  • 「汁なし担々麺!!」

    近年ブームなのでしょうか?
    当店では、通常の担々麺と共に定番メニューなのですが、人気が高いようなので、ご紹介致します!

     

    担々麺とは、もともと中国では胡麻ベースの担々麺は無くて、売店ではなく行商の量り売りだったようです。
    そのままだと刺激が強いので、本人の舌に合わせるように現在の胡麻ベースで湯麺の味付けに変わっていったのだと思います。

     

    当店の担々麺の特徴は、本来であれば、牛(豚)の挽肉を使用するのですが、国産豚バラ肉を肉の旨味が感じられるように手で荒く切っており、数種類のスパイスを味付けに効かせてます。
    また、通常だとドンブリにラー油や黒酢(酢)などの複合調味料を入れて和えるところだと思いますが、あえて原始的な方法の肉を炒める際にすべて炒め合せる調理法を採用しております。

     

    麺に関しては、小麦粉100%の讃岐うどんにも似たコシのある手打ち麺を使用していて、太さも通常の中華麺とは違ってコシが強いことで濃い味付けでの肉味噌に最適な太さと堅さとなっております。

     

    他店(四川系のお店)ですとザーサイやヤーサイなどの漬菜を使用しますが、当店は山東省の料理・味付けをメインに提供しておりますので、北方系の漬菜である、雪菜や高菜(からし菜漬け)をアクセントにして違いを出しております。

     

    また、炒める工程を2つに分けており、1回目で余分な脂を抜き、2回目で味付けを加えていきます。味付けは合わせ調味料で一気にではなく、じっくりとひとつひとつの調味料を炒め合わせながら作ってますので、味付けと香りがしっかりと乗っかって美味しさの秘密となっております。

     

    近年注目されてきている、汁なし麺。
    源烹輪・一口品の影の人気メニューの汁なし担々麺をどうぞご賞味ください♪

     

    その他のオススメ料理はコチラ
    麻婆豆腐
    担々麺
    各種 焼きそば

人気記事